2016年09月06日

八間堀川の呼び名:茨城県が管理する河川の現況台帳に記載されている河川の名称は「八間堀川」と「新八間堀川」

八間堀川の呼び名の件。

茨城県の出先機関である常総工事事務所に出向く機会がありましたので、
懸案事項になっていた八間堀川の呼び名についてご教授頂きました。

河川管理者は、河川法第12条にて
その管理する河川の台帳(河川現況台帳等)を調製し、これを保管しなければならないとされています。

河川現況台帳には、河川法施行令第5条にて
河川の名称、河川の延長、河川区域の概要などを記載することとされています。

この河川現況台帳に記載されている河川名こそが、正規の名称であるということで、この中には「旧八間堀川」という川は記載されていないということでした。

八間堀川は、下妻市加養に源を発し、きぬ医師会病院の北側にある石洗堰で分派します。
分派して鬼怒川に合流する方は「新八間堀川」で従来の呼び名で正しいのですが、分派して小貝川に合流する側は「旧八間堀川」ではなく「八間堀川」と呼ぶのが正式な呼び方だということでした。

「新八間堀川」に対して、「旧八間堀川」と非公式に呼ばれたこともあったようで、「旧八間堀川樋管」というようにその名残も残っています。

しかし、河川現況台帳には「旧八間堀川」は存在せず、
石洗堰から小貝川の区間も「八間堀川」ということですので、
この正式名称で今後統一いたします。


なお、今まで弊ブログでは「旧八間堀川」という呼び名を多用してきました。
全ての記事を見直し、旧八間堀川を八間堀川に訂正しなければならないところですが、誠に恐縮でございますが、これらを全て書き直すことはできそうにありませんので、誠に恐れ入りますが、「旧八間堀川」と表記されている部分は「八間堀川」と読み替えて頂きたく存じます。
何卒、宜しくお願い申し上げます。
今後は「旧八間堀川」という表記はいたしません。

常総市の中心部を流れる主な河川を図示すると下図のとおりとなります。
https://office-aoba01.up.seesaa.net/pdf/river_in_joso.pdf

八間堀川、新八間堀川






posted by joso at 11:44| 検証 (新)八間堀川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ケアプロスト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。