2016年11月04日

新八間堀川の御城橋下流右岸の排水樋管に接続する側溝の平面図及びその設置標高(敷高)が明らかになる文書は不存在!集水桝を介して様々な方向に広がっていく側溝・・・どのように繋がっているのか知りたい・・・

新八間堀川の御城橋下流右岸の排水樋管に接続する側溝の平面図及びその設置標高(敷高)が明らかになる文書の情報公開請求を常総市に対して行っていました。

側溝のつながりを明確にできれば、
新八間堀川の計画高水位以下の標高の場所を通っていないか確認できます。

もしも、標高の低い場所を通っていれば、国がいう

当該(御城橋下流右岸の)樋管は、
堤内地側の地盤高が
新八間堀川の計画高水位より高いことから
ゲートは不要であった。

を、それは誤りであるとして争えることになります。


さて、先日、その情報公開請求に対する決定を受けたのですが、・・・

工事図面の保存期間は10年間で、
保存期間の経過に伴い廃棄され、
保有していない。

として文書不存在となってしまいました。

側溝がどのように接続しているか、
この情報公開請求で明らかになると大いに期待していましたので、
開示を受けられず、非常にショックです・・・。



しかし、無いものはいくら出すよう求めても出ませんので、
何か他の方法を考えないといけません。


下の写真は、市民からご提供頂いた御城橋から水海道中学校まで続く道路のおおよそ100m毎の写真です。
道路の脇に設置してある側溝がどのように繋がり、水が流れるようになっているのか・・・。
側溝は単に一本で繋がっているのではなく、集水桝(ます)を介して様々な方向に広がっていきます。
(集水桝とは、例えば下記リンクの写真のようなもので、側溝の各所でよく見かけるものです。)
https://goo.gl/FAwpxN

集水桝の中でどのように側溝が繋がっているのかを
1つ1つ確認していく作業をしなければならないのでしょうか・・・。
見えないところもありそうな・・・。
っていうか、側溝の中を一生懸命見ていたら不審者に思われてしまうかもしれません・・・。
困りました。。。

新八間堀川の御城橋下流右岸の排水樋管に接続する側溝の地図

 


新八間堀川御城橋下流右岸の排水樋管に接続する側溝-01

新八間堀川御城橋下流右岸の排水樋管に接続する側溝-02

新八間堀川御城橋下流右岸の排水樋管に接続する側溝-03

新八間堀川御城橋下流右岸の排水樋管に接続する側溝-04

新八間堀川御城橋下流右岸の排水樋管に接続する側溝-05

新八間堀川御城橋下流右岸の排水樋管に接続する側溝-06

新八間堀川御城橋下流右岸の排水樋管に接続する側溝-07

新八間堀川御城橋下流右岸の排水樋管に接続する側溝-08

新八間堀川御城橋下流右岸の排水樋管に接続する側溝-09
10
新八間堀川御城橋下流右岸の排水樋管に接続する側溝-10
11
新八間堀川御城橋下流右岸の排水樋管に接続する側溝-11
12
新八間堀川御城橋下流右岸の排水樋管に接続する側溝-12

(番号は、北から順番に南に向かって並び、最後は御城橋となっています。地図の赤線の矢印の方向に移動して撮影して下さいました。)







posted by joso at 00:25| 検証 御城橋下流樋管 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ケアプロスト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。