2017年01月24日

若宮戸 ソーラーの移転補償の検討が行われていた

1月20日のブログで、
「平成15年度若宮戸地先築堤設計業務」
について触れ、
溢水が発生した若宮戸の2箇所を含む区間の
築堤詳細設計が行われていたものの、
実際の工事には至らなかった
ということを書きました。


本築堤工事は、反対意見により頓挫してしまった形ですが、
国土交通省関東地方整備局下館河川事務所は、
この若宮戸地区に堤防が無いことを非常に心配していたことは事実です。

若宮戸地区は平成13年、14年出水により、
自然堤防前面の高水敷まで浸水した地区であり、
平成24年には自然堤防の一部が
ソーラー事業者の開発により掘削された場所
です。

国土交通省関東地方整備局下館河川事務所は平成26年度に
「H26三坂地先外築堤護岸設計業務」
を発注し、この中で
若宮戸地区の築堤について再び検討しています。

ここで注目すべきは、
鬼怒川の河川側のソーラー事業者の移転補償の検討も行われている点
です。
なんとしてもここに堤防を造らないといけないという国交省側の強い意志を感じます。

移設補償費として、
発電所移設費、撤去費、契約変更補償費、用地補償費、造成費等全てを含め、
1億2500万円が推定されています。
(下記リンク「第4章 若宮戸地先」の28/48ページ)


国土交通省が、この若宮戸地区にどれだけ強い危機感を持っていたか
読者の皆様にも伝わったのではないでしょうか。

平成26年度に移転補償が含まれた報告書が完成した後、
具体的に移転の話が進んでいたのかどうかは不明ですが、
国土交通省は非常に危機感を持っていたにもかかわらず、
平成27年9月に溢水が発生してしまったということになります・・・。

国土交通省関東地方整備局下館河川事務所は、
「平成15年度の築堤詳細設計ができた段階で堤防を整備していれば、このようなことにはならなかったはずだ」
と、無念に感じているのではないかと
開示文書を見て、感じている
次第です。

国がもっと積極的に、早く、情報開示して下さっていれば、
もっと早くにこのような気持ちになっていただろうにと、悔やまれます。


1月20日のブログ「残念 住民側の反省も必要」では
住民側の反省も大いに必要だということを書きました。

1月22日のブログ「誇りと自信」では
行政側も住民を恐れずに、住民説明会の範囲を拡大して実施して頂きたいということを書きました。
地元ばかりでなく影響を受ける範囲にまで住民説明会の対象を拡げることにより、
行政側の考えを支持してくれる住民を増やし、世論を味方に付けて必要な公共工事を進めていって頂きたいと願わずにはいられません。
そして、住民の生命、財産を守って頂きたいと心より願っています。








posted by joso at 00:20| 検証 若宮戸溢水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ケアプロスト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。